HOUSE−SKS

自然と共生するコートとテラスを屋外階段で立体的に繋ぎ、アウトドアライフが楽しめる住宅

                         

2016.08

                                                                                                                                                      栃木県佐野市
                                                                                                                                                  設計・監理
島田博一建築設計室
外壁はジョリパット塗り壁とサイディング。2階テラスまで繋がった連窓が特徴。階段奥がコート。
 
南東側から見た外観。2階部分はオーバーハングしている。
南側道路面はポリカーボネート板を設置し、コートへの視線を遮断し光を入れる。
 
北東側から見た外観。南側道路側は交通量が多いので壁とポリカーボネート板で目隠ししている。
 
プライバシーが確保されたコート。シンボルツリーを植える予定。
コートから直接2階テラスへ上る階段。
コートと2階テラスを階段で繋ぐことでアウトドアライフを楽しめる。
東側から見た外観夕景。
南東側からの外観夕景。1階独立柱奥が玄関ポーチ。 
玄関ポーチと外階段。玄関脇壁はブラックに塗装。
 
    玄関はドアと同材のピーラー縁甲板を張っている。               多目的テラスは外壁で囲い屋外の部屋としている。
多目的テラスからコート上部を見る。床は防水下地の上セランガンバツ張り。
多目的テラスと繋がった個室。床はパインフローリング張り。
リビングダイニングとラセン階段。細い部材で構成したラセン階段は強度充分で揺れなし。
吹抜けのリビングには中央へ薪ストーブを設置。LDKと2階個室を暖めることができる。
リビングからコートと個室を見る。個室は引込戸でリビングと区画できる。床はオーク無垢フローリング張り。
 
ダイニングからコートを見る。コートにはシンボルツリーを植える予定。
リビング吹抜けからは青い空が見える。コートのポリカーボネート板でプライバシーを確保している。
LDKのライティングはスポットライトとダウンライトを設置。
薪ストーブ廻りは耐火レンガと陶器質タイルで構成。
LDK全景。キッチン、ラセン階段、薪ストーブがリビングを囲む。
 
リビングからキッチンを見る。キッチンキャビネットは家具工事。
 
キッチン壁面収納へ家電・食器を入れて扉で隠す事も出来る。通常は扉オープン使用も可能。
 
ラセン階段とキッチンキャビネットは印象的な間接照明を設置。
 
多目的テラスを囲う外壁は街並みを切り取る。                      玄関から外階段を見る。階段から落ちる光が面白い。
建築概要
所在地     栃木県佐野市 構造    木造2階建
主要用途     専用住宅 竣工    2016年8月
敷地条件    市街化調整区域 敷地面積  275.89u( 83.45坪)
道路幅員    西側 4.8m 1階床面積   78.66u( 23.79坪)
設計者       島田博一建築設計室 2階床面積   50.64u( 15.32坪)
施工者         (有) 阿部工務店  延床床面積 129.30u( 39.11坪)
一級建築士事務所   島田博一建築設計室
copylight @2002-2018  hirokazu shimada  architect & associates all right reserved.