HOUSE- SMT

外部を外壁・通風ルーバーで囲い、内部に大小4つのコートを設けた光・風・緑を共有する住宅

                                                                     

2013.06
                                                                                                                                                                                      栃木県栃木市
設計・監理
島田博一建築設計室
シンプルな平屋建風の直方体で構成した外観。外周部は4枚の白い外壁と3枚のルーバーを入れている。
西側外観は白い外壁と通風ルーバーのみの構成。2階部分はガルバリウム鋼板仕上げ。
南側道路からの夕景。アトリエのランマから光が漏れる。建物東側は住宅とアトリエへのゲートとなっている。
前面道路の南西側から見た夕景。ルーバーから柔らかい光が漏れる。内部空間・半屋外空間は四角い壁で囲われる。
   
          エントランスゲートから玄関ポーチを見る。                                        通風ルーバーからコートを見る。
セランガン・バツのウッドデッキを張ったセンターコート。正面は可動パーテーションと通風ルーバー。
センターコートの可動パーテーションをオープンにする
陽当たりの良いセンターコートはリビング・ダイニング・キッチンとつながっている。
センターコートに面したリビング・ダイニング・キッチン。床はカリン無垢材、白壁は珪藻土塗り、2階壁は格子壁。
リビング・ダイニング・キッチンはセンターコートに繋がって開放的で明るくダイナミックな空間になる。
冬にはセンターコートからリビングへ暖かい日差しが入る。キッチンからタタミスペースを見る。
ソファーやテーブルをセットしたリビング・ダイニング。キッチンキャビネットと合わせた木調のダイニングテーブル。
リビング・ダイニングからセンターコートを見る。センターコートの向かい側はアトリエ。
キッチンからタタミスペースとコートを見る。レンジフードセンターフードはARIAFINA製品。
ラセン階段からキッチンを見下ろす。オープンキッチンはオリジナルデザイン。カウンタートップは厚めのステンレスHL。
   
    ラセン階段はエキスパンドメタルのオリジナルデザイン。                               リビングを広くするラセン階段。
キッチンシンクは超ロングサイズ。オープンキャビネットは縁甲板の見せるキッチンにしている。
タタミスペースからリビング・ダイニングを見る。リビングデザインと家具調度品が調和している。
リビングは吹抜けとなっているので開放的で明るい。センターコートと一体の空間になる。
照明点灯したリビング・ダイニング。照明器具はダウンライト・スポットライトを使用。
オープンキッチンは機能的で開放的なしつらえになっている。
   
    リビング吹抜け上部のブリッジ。正面は隠し扉となっている。                           階段エキスパンドメタルディテール
浴室・サニタリーとバスコート。バスコートは通風ルーバーと白那智石で構成。
アトリエはリビングより床を下げ視線を低くしてセンターコートを眺める。床はパインフローリング、壁はAEP塗装。
アトリエのランマから明るい光が入る。アトリエは直射光を避けるため北側連窓光と南側ランマ光を取り入れる。
建築概要
所在地    栃木県栃木市 構造    木造2階建
家族構成  夫婦+子供1人 竣工    2013年06月
敷地条件  第1種住居地域 敷地面積  490.00u(148.22坪)
道路幅員  南側 4m 1階床面積  107.53u( 32.52坪)
設計者     島田博一建築設計室 2階床面積   28.46u(  8.61坪)
施工者       (有)阿部工務店 延床床面積 135.99u( 41.13坪)
 一級建築士事務所   島田博一建築設計室
copylight @2002-2014  hirokazu shimada  architect & associates all right reserved.