HOUSE- SI

吹抜のある開放的なリビング中央に薪ストーブを設けたアウトドアライフな住宅      

                                                     

2010.05
                                                                                                                                                  栃木県佐野市
                                                                                                                        設計・監理
島田博一建築設計室
大きな開口部を設けた片流れのメタリックな外観
   
                  照明を点灯した外観夕景                            建物本体から突き出たリビングテラスと玄関
テラスと繋がった開放的なリビング。床はパイン縁甲板。
   
      吹抜けのあるリビングからテラス方向を見る                        リビングテラスから内部を見る
タタミスペースからリビングとテラスを見る。LDKとタタミスペースは一室オープンになっている。
 
リビング中央に設置した薪ストーブ。キッチン収納はパントリー・食器棚・冷蔵庫を4枚扉で隠す。
壁面本棚とスチールトラス階段、薪ストーブで構成したリビング
タタミスペースは珪藻土塗り・縁なしタタミ敷き。玄関ホールとの間はツインカーボにて区画。
階段からテラス方向、タタミスペースを見る
階段・薪ストーブ・壁面本棚を設けたリビング
   
        トップライトから光が落ちるタタミスペース                カウンターデスクを設けたアルコープ
   
                オープンキッチンと壁面収納                          階段上部からリビングを見下ろす
リビングダイニングの夕景。手前はオリジナルステンレスキッチンの天板カウンター。
   
  壁面はスサ入り土壁風珪藻土のタタミスペース             壁面本棚とスチールトラス階段はオリジナル
スチールトラス階段からキッチンと和室を見る
スポットライトとダウンライトでライティングしたキッチン廻り
  
          敷地は南北に細長い間口10m×奥行き50mの特殊な形状です。
          周辺環境は古くからの住宅街で敷地南側が市道となっており、東側・西側・北側の3方は
          隣家が敷地に接近して建っています。

          建物は南北軸を動線の主軸とする計画とし、前後2個の三角形 居住ボックスと、これを
          南北に貫通するチューブ状のボッ クスで構成しました。前面の片流れ屋根ボックスは屋根
          勾配を利用した吹抜けのLDKと 和室、ロフトのような開放感のある子供室・アルコープで
          構成しました。和室は床の間を備えており客間としても使用できます。

          吹抜けのリビングは階段側の全壁面をすべて書棚・飾り棚として有効利用しています。
          また、リビング中央にシンプルで印象的な 薪ストーブを 設置してアウトドアライフを
          楽しむことができます。キッチンはステンレスHL特注品のオープンキッチンを設けました。
          リビング北側の三角形ボックスはサニタリー・納戸・主寝室で構成し、裏庭とサービス
          ヤードへ 直接出入りすることができる動線になっています。

   
建築概要
所在地    栃木県佐野市 構造    木造2階建
家族構成  夫婦+子供2人 竣工    2010年5月
敷地条件  商業地域 敷地面積  512.54u(155.04坪)
道路幅員  南側 11m 1階床面積  70.68u( 21.38坪)
設計者     島田博一建築設計室 2階床面積  41.33u( 12.50坪)
  施工者       (有)阿部工務店  延床床面積 112.01u( 33.88坪)
一級建築士事務所   島田博一建築設計室
copylight @2002-2011  hirokazu shimada  architect & associates all right reserved.