HOUSE- SKT

前庭と繋る開放的なリビングテラスを設け、堀座卓のリビングを中心とした住宅     

                                                   

2010.04
                                                                                                                                                    群馬県舘林市
                                                                                          設計・監理
島田博一建築設計室
庭を囲いこむようにL型構成のボックス形態。ガルバリウム鋼板とサイディングの外壁。
  
           ガルバリウム鋼板と白いサイディングの外観            南側から見た夕景
庭からリビングテラスとリビングを眺める
玄関ホールからリビング・和室を見る。床はパイン縁甲板張り。
造作収納で分割された玄関ホールからダイニングを見る。ラセン階段はオリジナル。
玄関ホールとリビングを見る。玄関ホールは引込扉で玄関と分離できる。
  
          来客の接待空間となる玄関ホール           キッチンから゙テラスのピクチュアウィンドウを見る
   
     スノコを設けた玄関待合           リビングテラスとシンボルツリー(シマトネリコ)
南側の明るい陽射しが入るリビンク。リビング床はパイン縁甲板、テラスはセランガン・バツ。
ダイニングから和室を見る。和室の格子戸は引込扉になっている。
テラスからリビングと玄関方向を見る
ダイニングからラセン階段とリビング、洗面所を見る。オープンなワンルーム空間になっている。
和室からダイニングと玄関ホールを見る。ライトアップされたラセン階段はオブジェに見える。
   
   和室の格子戸と琉球ダタミ                    土壁珪藻土と葦天井の落ち着いた和室。 
 
   ライトアップされたラセン階段を2階ホールから見る       ラセン階段から待合いを兼ねた玄関を見る  
         敷地は市街化調整区域内にあり、周りは畑と空地に囲われ日照や通風に恵まれた環境です。
         片流れとフラットルーフのボックスをL型に組合わせ、この囲われた空地部分に庭を設ける
         ことで住宅内部からできるだけ自然の豊かさと季節感を感受できるようになっています。

         1階は庭を取り囲むようにLDKと和室を配し、LDKの延長としてウッドデッキ張りのテラ
         スを設けました。濡縁になっているこのテラスは庭の香りやさわやかなそよ風を楽しむことが
         できます。LDKは座卓形式の団欒スペースとなっており、玄関土間スペース・階段ホールと
         連続した広がりのある変化に富んだ快適な空間に なっています。
         なお、玄関土間スペースは引込扉でLDK・階段ホールと区画することができます。

         堀座卓はオリジナル設計となっており、冬にはコタツとしての機能も合わせ持ち日常生活の
         中心の場となります。 また、リビングは一部が吹抜けとなっており2階のプライベートルーム
         (子供室・寝室)と 繋がり家族間のコミュニケーションがとれます。
         土間空間に設けたラセン階段は上下階をつなぐ機能的な動線とともに住宅内のどこからでも
         見ることのできるシンボル的な存在となっています。
建築概要
所在地    群馬県館林市 構造    木造2階建
家族構成  夫婦+子供2人 竣工    2010年4月
敷地条件  市街化調整区域 敷地面積  300.79u( 90.98坪)
道路幅員  南側 6m 1階床面積  61.89u( 24.77坪)
設計者     島田博一建築設計室 2階床面積  53.29u( 16.12坪)
施工者       河本工業株式会社  延床床面積 115.18u( 34.84坪)
一級建築士事務所   島田博一建築設計室
copylight @2002-2011  hirokazu shimada  architect & associates all right reserved.